情報化されるタイムレコーダー

以前はタイムレコーダーと言えば、カード型の打刻式のものが主流でした。しかし、情報化された現代では、タイムレコーダーもインターネット型のものが主流となっており、インターネットタイムレコーダーという名前で使われています。このインターネットタイムレコーダーには大きく3つの利点があります。これから一つずつそのメリットについて考えていきます。

まず一つはは集計が不要である点です。カード型のタイムレコーダーであれば、打刻したものの管理が非常に面倒でした。数字を打ち直して集計したり、手書きのものを新たにパソコンに入力する必要があったりでかなり集計に時間がかかっていました。しかし、このインターネット型のものを使えば、専用のソフトを使って楽に集計することが可能となります。手作業の入力によるミスも防ぐことができるので、正確にそして効率よく集計することができます。また、アプリケーションサービスプロバイダー、通称APSを使用することで本部から各拠点の勤務実態をいつでも把握することができ、リアルタイムが観察することが可能です。二つ目は不正行為を防ぐことができるので、正確な労働時間を管理することができます。

これは個人に支給されるICカードを利用した勤怠管理なので、不正に打刻したり、代わりの人が打刻するのを防ぐことができます。また一度打刻したものは修正することができないので、記録改ざんを防ぐことができより正確なデータを保持することができます。三つ目はインターネットタイムレコーダーはインターネットを利用したAPSサービスのため、導入する際に専用のインフラをお金をかけて容易する必要がありません。そのため、導入する際には安価にかつ短期間で導入することができ、管理負担やコストも最小限に抑えた運用が可能です。このため、大手企業でなくても、中小企業などでも簡単に導入することができます。また、タイムレコーダーカードを使用する代わりにパソコンと接続するための専用のカードさえあればすぐに利用することができるので、何度も使用することができ打刻カードの節約にもつながります。ペーパーレスの商品のため、自然環境にもやさしいサービスと言えます。まだ会社の中には打刻タイプのタイプレコーダーを使っているところも多くあるため、インターネット型に切り替えることで生み出されるメリットを周知していく必要があります。初期設備なして簡単に安く導入できるので会社にとっても大きなメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.