タイムレコーダーで時間を管理

タイムレコーダーを導入するメリットは二つあります。経費削減と売上の貢献です。時間給で働く従業員の人件費を少しでも減らすためには、少ない労働時間で仕事を終わらせなければなりません。そのために経営者ができることは、従業員に自発的に努力をさせることです。経営者が上から口を酸っぱくして短時間で仕事を終わるように迫っても効果はなかなか出ませんが、従業員一人一人の意識が高ければ、そのようなことはありません。タイムレコーダーを利用することで、従業員の時間に対する意識は高くなります。自由に仕事をしてくださいと従業員に伝えても、だらだらと先延ばしにしてしまい残業になってしまいがちになりますが、タイムレコーダーが従業員の先延ばしの習慣を減らしてくれるのです。締切を設定し、この時間までに仕事を終わらせなければならないという時間への意識が、従業員に仕事を早く終わらせる原動力を与えます。

人の集中力は短時間しか持ちませんが、その短時間で人は驚くような力を発揮します。締切はその人が本来持っている力を目覚めさせる効果があるのです。短時間、目の前の仕事に集中させることで、残業時間は短縮されていきます。結果として残業代が削減され、経費削減へとつながるのです。従業員の残業が長引くと残業代から光熱費、さらには時間外手当など払う経費が高くつきますが、定時までに仕事を終わらせる習慣をつけることで、経費の大幅な削減につながるのです。さらに、タイムレコーダーを利用して短時間で集中して仕事をこなす習慣がつくと、今まで以上に仕事の質が向上します。かつて、長時間労働が良いとされていた時代がありましたが、現代ではいかに短時間で質の高い仕事ができるのかが問われています。

どんな商品が売れるかわからない現代では、従業員には社内よりも積極的に外で遊ばせて、多くを経験させた方が良いです。その経験が売れる商品やサービス生み出す原動力となり、売上の拡大へとつながるのです。毎日残業でへとへとな状態で出社させても売れる商品やサービスのアイデアはいずれ枯渇してしまいますが、余裕をもって仕事に向かうことで企業に役立つアイデアを考案しやすくなるのです。仕事の質が高まれば、自然と売上にもつながります。ヒットしやすい商品は短時間の集中した時間で誕生しやすく、このような時間の管理方法が企業の売上を継続的に拡大させていくのです。タイムレコーダー一つで売上が拡大できるのです。まだ導入していないのならば、企業の利益改善のために導入することを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.