タイムレコーダーについてのこと

どんな会社でも出勤退勤の管理はしていることでしょう。そして、多くの会社がタイムレコーダーを使ってその管理をしています。昔ながらの紙に記録する物もありますし、デジタルの物もあります。最近はIDカードをかざして、それをタイムレコーダーとしているところもあります。管理がかなり楽ですし、紙ではないので紛失することもありません。かなり有効的な方法であると言えます。紙の場合は誰かが代わりに押すこともありますし、後から誤魔化そうと思ったらいくらでもできます。しかし、IDカードですと、他人にやってもらう、と言うことができませんから、管理する側としても労働者を疑う必要がなくなりますので安心できます。疑う必要が無い、と言うのは非常に有り難いことなのです。


タイムレコーダー一つをとって考えて見ても、人は不正をしようと思えばいくらでも不正ができるのです。そうした不正を防ぐ為に人を雇ったり、設備を改めたりしていると企業的には重荷になります。ですから、デジタル、IDカードをタイムレコーダーにすると言うことは、そうした面から見ても非常に効率的であるといえるでしょう。パソコンを必ず使う会社なんかは、パソコンから記録することもあります。社内LANで繋がっていますから、自分のパソコンからサーバーにアクセスして、その時に出勤のボタンを押せばいいのです。これもかなり有効的な方法であると言えるでしょう。何より、コストがそれほど掛からない、と言う点が素晴らしいです。サーバーにそうしたシステムを作ってしまえば、後は定期的にメンテナンスをするだけで、かなり安定した出勤退勤の管理ができるわけです。一々、点呼を取ることもありませんし、データ処理もパソコンがやってくれます。紙で管理するより遥かに楽であり、効率的で安全です。システムは非常に簡単です。いつ出社したか、いつ退社したか、と言うことだけを記録するのですから、それほど複雑なシステムを構築する必要はありません。社員数によっては数が多くなるかもしれませんが、一人一人がそれほど大した情報量ではありませんから、専門家でなくても作れるでしょう。IT部門を持っているところなら、その人たちに任せればすぐにでも作れるレベルです。


紙のタイムレコーダーもいいですが、こうしたコンピュータを使った管理が最近の主流ですから、もし導入していないのであれば、検討することをお勧めします。必ず役に立つことでしょう。